旧 オハヨーサンホテル & コテージ「龍リゾート&スパ」スタイリッシュスイート

blog

空室検索
  • 空室カレンダー
  • お部屋タイプから選ぶ
  • ご予約の確認・変更・キャンセル

宿泊プラン一覧

山菜のてんぷら

春といえば、東京ドーム6個分という広大な敷地を持つ当ホテルは山菜の宝庫。標高1000メートルの高原は、これから本格的な春を迎えます。トレッキングコースの脇にも至るところで山菜の新芽を見つけることができます。

タラの芽やフキノトウなどの山菜は今や都会では貴重品です。当ホテルでは、スタッフが毎日山菜を摘み、夕食時にお客様に揚げたての天ぷらとしてご提供しています。どうぞお好きなだけ召し上がってください。

ホテルの周りを散策し春の息吹を感じていただき、それをそのまま味わっていただけるのは当館ならでは。四季の移ろいを感じていただいた後は、温泉でゆっくりおくつろぎください。
※お客様によるホテルの私有地での山菜取りは一切禁止されております。

山菜

2015年4月24日未分類

荘川桜

荘川桜

飛騨高山地方の桜は、平野部に比べおよそ1か月遅れ。
今年は、今月末からゴールデンウイークにかけて見ごろを迎えそうです。

当ホテルのある高山市荘川町に全国にその名を知られる「荘川桜」があります。
「荘川桜」は国道156号線ぞいの御母衣湖(みほろこ)畔中野展望台にある2本の巨桜で、
ソメイヨシノではなく、アズマヒガンザクラといういわゆる山桜です。
いまは湖底に沈む中野照蓮寺および光輪寺の境内にあったもので、村人にながく親しまれてきた想い出の桜です。
昭和34年の晩秋、御母衣ダム建設中にこの地を訪れた電源開発株式会社の初代総裁高碕達之助氏が
この巨桜が湖底に沈むのをこよなく愛惜し、当時日本一の桜博士と称されていた笹部新太郎氏に依頼しました。

笹部氏は早速現地を訪れ、近くの寺院(照蓮寺)の境内にもう1本の巨桜を発見し、
万が一1本が枯れてももう1本が助かればとの想いから2本の移植を提案し、
2本が同時に移植され奇跡的に2本とも蘇生したことから、奇跡の桜ともいわれています。(荘川町観光パンフレットから抜粋)

その荘川桜は例年4月下旬に開花しゴールデンウィークが見ごろになります。
ちょうどソメイヨシノと同じ時期ですので、今年は両方の桜を見比べていただけるかもしれませんね(^^)

2015年4月24日未分類

2Fフロアリニューアルオープン

当ホテルは、2年前の1月、温泉の掘削に成功。
以来、ホテル名を龍リゾート&スパと改称し、館内のリニューアルに取り組んできました。

そのリニューアルで残っていた当館の2階フロアのお部屋をこのたび全面改装しました。
2階部分は3階以上とコンセプトは同じですが、少人数でのご来館により対応しやすい
35~40㎡の和洋室、25㎡のツインルームとなっています。
2階部分の13室が加わって全52室となり、5月2日から全館営業を開始します。
2階客室リニューアルオープン

ツインルーム

2階客室リニューアルオープン
和洋室

リニューアルとともに夕食、朝食ともにさらにメニューを充実。
好評のA5等級飛騨牛の部位食べ比べや日本海から直送の新鮮な魚介類、さらに地元の食材をふんだんに使った料理を季節に合わせてご提供します。
加温、加水、循環一切なしの天然温泉と季節感あふれるお食事、そしてゆとりある空間で非日常の時間を満喫いただけますよう、スタッフ一同、心よりご利用をお待ちしております。

2階リニューアル記念プランはこちら
          ↓↓
◆5月OPEN◆【リニューアル記念-安健美食会席Ver-】~何度も温泉を楽しみたくなる、限定特典付♪~
◆5月OPEN◆【リニューアル記念-龍リゾート会席Ver-】~籠る休日、を楽しむ1日~★プラン限定特典付♪★

2015年4月17日未分類

3月20日にテレビ放送されました!

当ホテルの歴史がニュースの経済特集として3月20日午後5時過ぎに
テレビ愛知の「ニュースアンサー」で紹介されました。

※0:55頃から放送

当ホテルはリゾート開発ブームの40年前に荘川に誕生しました。旧名はオハヨーサンホテル。
高原のホテルとして団体ツアーや、企業の研修会などでご利用いただいてきました。
しかし、少子高齢化、団体でのツアーの減少など先行きを考えると何か目玉がほしい。
そう考えたオーナーが温泉掘削にチャレンジした結果、今、好評をいただいている高山龍神温泉が誕生しました。
長い歴史にとらわれず温泉を中心にしたリゾートにと全面リニューアルして、
今の龍リゾート&スパへと生まれ変わったのです。

20日にテレビで放送。龍リゾートのルーツ

家族連れや温泉好きを自認する女性グループなど、改装後の2年間で当ホテルをご利用くださる
お客様の層もすっかり変わり、高原のリゾートとして温泉と食事をゆったり楽しんでいただいている様子を見て、
不退転の決意をしたオーナーも安堵しています。
そして、海外にも口コミやネットでご利用いただいた観光客の皆さんからの情報が伝わり、
多くのお客様にご利用いただくようになりました。
20日にテレビで放送。龍リゾートのルーツ

この日は台湾からのお客様でした。当ホテルは、台湾、タイなどのほか欧米のお客様がネット予約で
おいでになるケースが多く、ロビーではいたるところで、当館の様子をお客様が寸暇を惜しんで発信されています。
20日にテレビで放送。龍リゾートのルーツ

2015年3月20日未分類

近隣の観光地は

日本の各地からは、梅の便りも届き始めましたが、飛騨の観光地は春まではもう少し。
特に、当ホテルから車で30分ほどの白川郷は、まだまだ積雪が多く、冬景色です。
屋根の雪はほとんどなくなったものの、展望台から眺めると、雪とのコントラストがきれいです。
白川郷
世界遺産だけあって、世界各国から多くの観光客がやってきています。
いろんな国の言葉が飛び交う中、この季節ならではの景色を楽しんでいます。

一方、小京都といわれる高山市。市街の道路には全く雪がなく、春近しを感じます。
こちらも海外からの観光客で大賑わい。
高山
寒い季節には寒い季節の風情があり、冷えた体には温かい温泉が一番です。

2015年3月7日未分類

春の気配

ホテルのある高山市の荘川は、標高1000メートルの高原に位置しています。そのため、季節は平野部のおよそ1カ月遅れ。
ホテルのメインダイニングからは、まだまだ雪景色を楽しんでいただけます。
ホテルのメインダイニング
ゆったりとした時間が流れる空間で、お風呂上がりにゆっくりと夕食をおたのしみください。
こんな景色が見られるのもあとわずかです。

当館自慢の展望露天風呂からの景色も、まだまだ冬です。
暖かい温泉で、雪景色を眺めながら、のんびり浴槽で体を休めていただき、日ごろの疲れを解消してください。
展望露天風呂からの雪景色

2015年3月3日未分類

白川郷冬のライトアップ

立春を過ぎて、厳しい冷え込みが続いています。
この冬は例年より多く雪が降り、東海地方だけではなく、
関東や関西からも多くのスキーヤーのお客様にご来館いただいております。

雪国だけに、道路の除雪などもすばやくされますが、車の運転などでご心配のお客様は
おいでの前にホテルに道路状況などをお尋ねいただければ最新情報をお伝えします。

今週末14日は、白川郷の今年最後のライトアップです。
冬ならではの景色は、今がピーク。温泉と雪景色を是非ご堪能ください(^^)

白川郷冬のライトアップ

2015年2月10日未分類

節分

この冬最強の寒波で、この一両日の冷え込みが厳しくなっています。
それでも2月は、寒さの厳しい月ではありますが、立春を過ぎると、そこからは春の気配が漂い始めます。
 

その春の気配を知らせてくれるのが節分。
今年の節分は、台湾からのお客さまが盛り上げてくださいました。
団体ツアーでおいでの台湾からのファミリーが、フロントで鬼の面を見つけ、興味津々の表情で見つめられていました。
そこで、フロントスタッフが鬼の面をつけて実演しながらその意味を説明しました。
節分
 

親子、特に奥様とお嬢様二人はとても仲がよく、三姉妹のよう。
海外に留学経験のあるという長姉や、日本語を勉強したこともあるという
その妹さんも含め大の親日ファミリーで、日本の伝統的行事を楽しんで、大盛り上がり。

節分 節分

 

当館の温泉や料理にも満足いただけた様子で、帰り際には、お礼ということで
台湾のラーメンをくださいました。
こうした海外からのお客様が増えてきている中、普段はしていない
鬼のパフォーマンスで、お迎えしたフロントスタッフ(細田)にとっては、
お客様の満足そうな表情が、何よりのプレゼントとなりました(^^)

2015年2月10日未分類

温泉、レストランと雪

館内の展望露天風呂からも雪景色が広がっています。
凛とした空気を感じながら、かけ流し100%の温泉でごゆっくりお過ごしください。
雪見露天風呂

レストランの窓からは雪に覆われたホテルの敷地がご覧になれます。
レストランの光で浮かび上がった雪景色がまるでスポットライトのような不思議な空間です。
お客様も食事中にもかかわらず、思わずカメラをもって窓に近寄り、記念撮影。
森の中のレストラン

そしてその雪の中に、愛らしい動物たちがやってきます。写真の動物はテン。
雪原の黄色い宝石とも評されるイタチ科の貴重な動物で、
食事をしている皆さんのすぐそばまでやってくるという珍しい光景に出合うことができるかもしれません。
このほか、タヌキなどもいて、食事の手が止まってしまうこともたびたびです。
雪原の黄色い宝石「テン」

2015年1月31日未分類

高原の冬

当ホテルは標高1000メートルの高地に位置しています。
冬季は積雪の多いエリアとして知られ、近隣は良質な雪で知られるスキー場がたくさんあります。
しんしんと降り積もる雪は、多い時は一晩で40センチほどにも達します。
冬のホテル本館

そんな雪に覆われたホテルの本館。
季節によって表情を変えるホテル周辺の景色も今は真冬の姿を楽しんでいただけます。

 

ホテルの周囲にあるトレッキングコースでは、雪道の探訪もお楽しみいただけます。
雪に縁のない地域からおいでのお客さまには、まさに非日常の世界。
白一色のこの時期ならではの景色を見に、ぜひお越しください!(^^)!

高原の冬

2015年1月29日未分類